「三方よし」を表現する水芭蕉の三葉です。

/

■《相談サポート》

以下《業務サポート》【1】【2】【3】に関するご相談/その他ご相談:

■《業務サポート》(❝温故知新❞の実務/実践サポート)

【原則】《ご面談》(《ご相談》)後の「お見積り」⇒「ご契約」によります。

ご自身(貴社)の「自案(業務委託仕様)」を準備(何を当事務所へ業務委託するか、業務委託の内容の「明確化」⇒「仕様メモ」を準備)されることをお奨めいたします。 (上の《相談サポート》の中でも問題、課題の明確化のサポートをいたしますが、事前にメモ(書面化)することにより、より早く正確に問題点を整理することが可能となります。~この準備が『自律』をプロデュースする前提ともなります。⇒きれいな書面とする必要はありません。紙に「書き出す」ことが重要です。)


【例外】:《ご面談》を経ないで、以下の《業務サポート》をご希望の際は、ご自身(貴社)作成の「自案(業務委託仕様)」を事前にご提示ください。「自案」のご提示がない場合、別途[要望確認ヒアリング]が必要となります。ご提示ある場合でも、「お見積り」が出来かねる場合は、必要となります。

→[サポート提供の流れ■《業務サポート》【例外】]/[料金ご案内]をご確認ください。)ご質問は、こちらから「お問合せ」ください。

【1】『企画』策定:
1.『キャリア自律戦略』策定サポート:
 個人の企業内自律(専門業務を担うPJへの積極参画、多能工への積極戦略(学びによる『専門技術・資格』の取得による自社内職務級制度への積極対応)、他者との協働事業化「チームによる職務協働化」企画推進等)、他社からの業務受託(副業・兼業)、独立事業化(起業化)。 
2.『事業戦略』策定サポート:
 中小企業・小規模事業者の『自律事業戦略』・『知財戦略』・『業務委託戦略』(インソーシング/アウトソーシング、協働戦略)ほか』

<※>当事務所作成オリジナルの思考(「PEST分析、3C分析、SWOT分析」等)ツール(A3版帳票)により『企画』策定をサポートいたします。尚、必ずしも本帳票を完成させるものではありません。思考ツールとしてご相談者の『目的』再確認/内外環境把握・整理/自己の強み・弱み把握/個別事情整理/実行計画・目標(ステップ)設定等に活用します。(本A3版帳票のイメージは投稿記事(「新しい時代❝温故知新❞をご覧ください。)

【2】『書類・図面』の作成:
3.『業務委託契約書』(『秘密保持契約書』)作成サポート:
<※>『業務委託契約』の注意事項!(適合すべき「関係法令等」【1】~【12】)は、こちらからご参照ください。     

■「働く個人」へのご提案:

❝温故知新❞により、自らの技能(業務能力)の特質、強み・弱み等をSWOT分析し、自己の内的(家庭・地域事情等)環境、置かれている外的環境(企業内、PEST動向との関係関与・影響度合等)を分析把握し、希望する働き方を担保するため「カウンターオファ(*)」の契約書を準備しておきます(現在勤務中の企業における「ジョブ型雇用」にも対応可能。企業内起業/独立事業請負人(業務受託者)としてもフレキシブルに使用可能)。

すなわち、

自らの「働き方」において、軸となる自己の『自律と(他者/チームとの)協働』のしくみ(法的に担保されるプラットフォーム「契約の型」)を設計(プロデュース)しておく(戦える型を持つ)のです。

当『自律と協働』プロデュース事務所は、「働く個人」のご希望要件・内的/外的環境条件等をお聴きし『三現主義』と『法の順守』(事業基本方針)で、本投稿(『業務委託契約』の注意事項!)の記事(上記【1】~【12】)に適合し、ご希望の『働き方』を担保する『業務委託契約書』の作成をサポートいたします。

(*)「カウンターオファー」:契約交渉に関する言葉で、売り手(業務委託者:発注者)の条件提示(オファー)に対して、買い手(業務受託者)が条件修正の申し込みを行うことをいいます。即座に条件修正の申し込みを行うこと(あるいは先に希望提示すること)で、交渉を優位に進めます。したがって、即座に提示できるように書面(データ)として『業務受託契約書』を準備しておくことが必要です。(契約締結の相手方は常に準備しています。)

特に重要:上の『業務委託契約』の注意事項!内【Ⅲ】【1】~【12】の「関係法令等」うち末尾に記載しました「関連重要法令」<特定受託事業者に係る取引の適正化等に関する法律」、は令和6年11月1日に施行されます。

【参考記事】「起業のすすめ(1)」 

■発注事業者殿へのご提案:

発注事業者殿におかれましても、❝温故知新❞による強み・弱み分析把握(SWOT分析)、自社の内的(人的資本、保有特殊技術、地域事情、他社協業化の可能性等)環境、置かれている外的環境(PEST動向との関係関与・影響度合等)を分析把握し、『業務委託契約』の注意事項!(適合すべき「関係法令等」【1】~【12】)をご参照いただきまして、コア業務(事業)を特定し、『業務委託契約』(「アウトソーシング戦略」、「インソーシング戦略」)を検討します。ご不明事項ご質問事項は、お気軽に「お問い合わせ」ください。

適正な『業務委託契約』(関係法令等に適合し法的に担保された基盤)を事業運営のプラットフォームとする多様な「業務委託(インソーシング・アウトソーシング)戦略」が考えられます。⇒新しい時代(個の『自律と協働』の働き方を担保する時代!個の能力が最大に発揮できる)発注事業者殿の『事業戦略』策定、『業務委託契約書』作成をサポートいたします。

 
4.『業務フローチャート』/『業務手順書』作成サポート:
 (現場業務の[実態ヒアリング]が必要となります。ヒアリングは貴事業所内(現場)にて実施いたします。)


5.各種書類作成のサポート: 
『内容証明郵便』/新事業開始にともなう各書類/(【3】に関わる各種書類)


6.図面の作成サポート:    
新事業開始にともなう各種『申請図面』/(【3】に関わる各種図面)

【3】『現場改革』:
7.現場の【リスキリング】/「チーム協働のしくみ創り」につき「検討」(企画設計⇒具体設計⇒現場施工計画⇒スケジュール計画、他)及び契約サポート。
(働く現場(「生活/健康」の基盤」)の改革(住宅修繕、事務所リフォーム等)に関わる「検討」及び契約サポート含む。)

【ご参考】以下につきご確認いただき、疑問点・不安点等 お気軽にお問い合わせください。

■新しい時代(❝温故知新❞)、『目的設定』の重要性については、こちらをご参照ください。

■新しい時代、『内部環境対応』/『外部環境対応』における『業務フローチャート』の有効性は、こちらを

また、『協働化』の参考事例は、こちらをご参照ください。

PAGE TOP